Archives for 4月, 2015

日記

 

運、不運について

俗に運がいいとか、つきが廻ってきたとかよく云いますが、果たして運は自然に廻って来るものでしょうか、努力の結果運がついて来るのでしょうか、また積極的にに求めていかないと幸運は得られないものでしょうか、なかなか判断がつきかねます。

しかし世の中にはとんとん拍子に波に乗り、何の苦もなく成功する人もいますし、いくら一生懸命努力をしても一生下積みで終わる人もいます。人に云わせると努力が足りなかった、世渡りが下手だった、実力不足だよとか、色々とご託を並べるでしょうが、果たしてそうでしょうか。

なるほど、とんとん拍子に好運の波に乗ってバラ色の人生を送る人はいいとしても、いくら頑張っても灰色の寂しい人生を送る人がいるのも現状です。

この世は仲々自分が思うようにスムーズには行かないようです。

運とか運命とかいうものは如何に実力がありいかに努力し、いかに真面目に頑張ろうとも(無論これらのことも大切ですが)これだけでは左右されない、何かもっと大きな測り知れないものがあるのかも知れません。 同じ飛行機や電車に乗り合して偶々事故に遭い殆んどの人が駄目なのに中には命の助かる人がいますね(恐らく語り部の役の人でしょうが)、またパチンコ台が二台空きがあって、左右どちらに座ろうかと迷った揚げ句、右に座ったとします。ところが後から来て左に座った人はすぐにフィーバーがかかり出るわ出るわ連勝(れんちゃん)連勝(れんちゃん)でドル箱を積み上げてしまう。自分の方はウンともスンとも言わず、結局は何万円も負けてしまう(バクサイのない人)。これが運、不運のようです。人にはそれぞれ宇宙より与えられたものが有るのかもしれません。

ですから私たちは運、不運にこだわらない方がいいのかも知れません。

人は何も考えなくても自然に生まれながらの予知能力が有り、好運の兆しが見えて来ると、その人の周囲に何となく良いムードが生まれて来ますし、悪い時には何となく低調な沈んだ空気が漂って来るようです。 「運命を変えることは神を殺す以外にはないのだ。」とある作家が恐ろしい事を云ってますが。運のつかない時は決して無理をしないことでしょう。

どんなに努力し頑張っても悪い時は運命を変えたり抜けきることは仲々難しいと思います。そんな時は決して流れに逆らわず、静観して時を待つことです。

その時とは天の時です、日頃からあきらめず己を信じてストイック(自己節制)して努力していれば必ず訪れる時です。その時があなたが勝負に出る時で、それまで十分力を蓄えて置き、目標を失わないことです。

 

日、月、水、金と総持寺境内で鑑定しております。

予約の上お越し下さい。お待ちしております。