Archives for 1月, 2015

日記

イスラム国法人誘拐事件について易を立ててみました
占的は3つ(人質は解放されるか、日本政府は身代金を支払うか、人質の生命はどうか)です。

人質は解放されるか、得卦は風山漸で初爻(リ)、二爻(リ)、三爻(シン)、四(リ)、五爻(カン)、上爻(ケン)から之卦水山蹇です。漸は順を履んで段々に進んで行く卦、之卦の蹇は進みたくとも進むに進めない卦、日本政府は何とか話し合いをしたいと思っているがイスラム国とのパイプがなく交渉が思うように進んでいない。人質は恐らく今の時点では解放されないだろう。ただ之卦の蹇の内卦艮を反転し兌としたら水山蹇から水澤節に変わります。日本政府が節の節度と真心を持ってイスラム国との色々なパイプを使って交渉していけば卦は水澤節から地天泰へとなる可能性があり人質が解放されるかもしれません。少し時間は掛るかもしれませんが。

日本政府は身代金を払うかどうか、得卦は山地剥で初爻(ソン)、二爻(ソン)、三爻(ダ)、四(リ)、五爻(カン)、上爻(ケン)剥は追剥と云う言葉があるように追い迫ってむしり取ることです。イスラム国は身代金を剥ぎ取りに来ています。しかし剥は似艮の卦でもあり艮は止めると云う意が有ります。故に身代金としては払わないと思いますがその代わりに難民支援の為とか他の名目で支払うことになるでしょう。恐らく一銭も出さない訳にはいかないでしょう。

人質の生命は得卦は山天大畜で初爻(ゴン)、二爻(シン)、三爻(ケン)、四(リ)、五爻(ダ)、上爻(シン)から之卦山澤損です。大畜は大いに畜める卦人質は殺されないでしょう。之卦損は損得の損なので損して得取れなので身代金は入らないが難民の支援等を受ける事でイスラム国は納得する可能性があると思います。